So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

kaetenx

また「真犯人」メール=片山被告は関与否定―PC遠隔操作

パソコン(PC)の遠隔操作ウイルス事件で、「真犯人」を名乗るメールが1日、報道機関などにまた送られ、元IT関連会社社員片山祐輔被告(32)が関与を否定していることが2日、分かった。

弁護人が接見後に記者会見して明らかにした。
 主任弁護人の佐藤博史弁護士によると、メールの文面を見せられた片山被告は笑いながら「自分とは違う」と否定。保釈中にタイマー機能を設定したり、第三者に送信を依頼したりもしていないと説明したという。

 佐藤弁護士は「メールの内容からして、第三者が真犯人を装ったもので、片山被告が一連の事件を単独で行ったことは間違いない」と断言した。 

時事通信 6月2日(月)12時20分配信
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 最新トレンドニュース・twitterまとめ  All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。